マスクでニキビ・肌荒れ!?

マスク肌荒れ画像

こんにちは!エノンです(*^_^*)

マスクが当たり前のこのご時世・・。もはやマスク着用はエチケットとして定着しつつありますよね。

そこで世の女性が悩んでいるのが、マスクによるニキビ発生や肌荒れです。

そこで今回はマスクによってなぜ肌荒れを起こしてしまうのかを調べて、対策までご紹介していきたいと思います!

なんでマスクで肌荒れするの?

1.蒸れやすくなる

マスクの中は呼吸による水分で湿度が高い状態です。
ましてや沖縄はそもそもの湿度が高いので、夏場のマスクの湿気はマックス。
湿気が多いと雑菌も繁殖しやすくなります。
マスクの中でニキビの原因となるアクネ菌マスクネが繁殖し、肌荒れを起こしてしまうのです。
マスクネによる肌荒れは1日中マスクをつけっぱなしの医療従事者や、ヘルメットを良く着用する職業の人によく見られる症状だったそうなのですが、マスク着用が当たり前になった今、マスクネによる肌荒れを起こす人が増えてきたんだそうです。

2.肌の水分が蒸発!?

マスクの下は湿度が高いので、肌は乾燥しなさそうな感じがしますよね。
しかし、マスクを着けたり外したりするなかで肌が乾燥してしまうんだそう。
マスクを外すと、中の水分と一緒に肌の水分も飛沫してしまいます。
その結果肌は乾燥した状態に。
乾燥は肌のバリア機能低下を招き、刺激や雑菌に弱くなってしまうのです。
また乾燥をすると肌の新陳代謝であるターンオーバーを乱れさせ、肌の後ごわつきやくすみなどの原因も作ってしまいます。

3.肌への摩擦

顔の肌はとても薄い皮膚でデリケート。顔の皮膚は摩擦に弱く、正しいスキンケア方法でも「擦らないで!」というのは誰もが知っている事だと思います。
マスクを付け外ししたり、ズレを治したりするたびに肌がマスクと擦れ合い、その摩擦によって肌の角質を傷つけます。
角質がきずつくと肌はデリケートな状態になり、外的な刺激や雑菌に負けてしまいます。
その結果ニキビや肌荒れを起こしてしまうのです。

上の3つはマスクによって直接起こる肌荒れですが、その他にはストレスなども肌荒れの原因です。
長時間マスクをつける、感染予防のために気を使う、外出がなかなか出ずストレスが発散できない・・など、ストレスをためこみやすいご時世といえますよね。

ストレスは自己免疫機能を下げるので、肌を回復させる力や刺激から守る力が落ちてししまいます。ストレスもニキビや肌荒れの原因の一つと考えていいでしょう。

マスクニキビを治すには

・マスクの素材を変えてみる

マスクの摩擦を最小限に抑えるために、肌に優しい素材のマスクを使いましょう。
シルク素材や綿ガーゼなどは肌に低刺激です。
不織布マスクも間に綿ガーゼを挟むとクッションになり、肌への摩擦が抑えられます。

・汗はこまめにふく

特に夏場はマスクを着けなくても汗をかきますよね。
ましてやマスクをしていたら中でかなり汗をかいてしまいます。
汗をかき放置をすると雑菌の繁殖を増長してしまうので、汗をかいたらこまめにウェットティッシュなどでふき取るようにしましょう。
ふき取った後は乾燥を防ぐために保湿も忘れずに。

・低刺激のスキンケア用品で丁寧にケア

肌のバリア機能を壊さないよう、肌を摩擦せずにゆっくり丁寧にクレンジング、洗顔をしていきます。
化粧水で肌の表面を整え、水分が蒸発しないように乳液でフタをしてあげましょう。

・皮膚科に行く

自分でケアをするのはもちろんですが、症状が酷い場合は皮膚科にいって塗り薬や飲み薬を処方してもらうのも手。
ニキビや肌荒れが悪化すると、跡になってしまう場合があるからです。
そうなる前に、医師に相談した方がいいでしょう。

マスク必須なこのご時世。マスクで感染対策をしながら、肌も守っていきましょうね。